トヨタ紡織九州ハンドボール部「レッドトルネード」/トピックス

HOME > トピックス > 児童擁護施設訪問について

トピックス

児童擁護施設訪問について

2016年12月27日 更新

12月26日(月)今年度もレッドトルネードの選手達が全員で佐賀県内2か所にある児童擁護施設へ訪問に行きました。

プレゼントのお菓子を配り、ハンドボール部の紹介と2月から再開される日本リーグの告知を行いました。

お菓子をもらった子供たちから「ありがとう」や「試合頑張って下さい」「試合を観に行きます」と言葉をもらいました。今回の訪問をするにあたり活躍した№21鈴木優太からチーム代表として力強い挨拶を行い、無事に訪問を終えました。

選手コメント≪№21 鈴木優太≫

今回の施設訪問ではお菓子の手配、日程の調整など約1か月前からいろいろな準備を行い、無事に訪問を終えることが出来ました。私が入部して4回目の訪問になり、来年も必ず来ますと子供達に約束をしました。ハンドボールを通して今後も地域の方々に勇気を与えれるように頑張っていきます。

 

 

コメントを書く

お名前

コメント

コメント