トヨタ紡織九州ハンドボール部「レッドトルネード」/トピックス

HOME > トピックス > 未分類 > 昨年度引退選手

トピックス

昨年度引退選手

2018年3月31日 更新


中畠 嘉之 (2004年チーム加入)今シーズン800得点を達成。
≪コメント≫
選手生活13年、いつ辞めても悔いのないようにと、毎日必死にハンドボールと向き合ってきました。
こうして向き合うことができたのも、会社の協力があってのことだと思います。

ハンドボールを始めてから22年、今まで人生の中心にあったのは間違いなくハンドボールです。
ここまでやってこれたのは決して自分一人の力ではありません。
いつも温かい家族やチームメイトが、側にいてくれた私は本当に幸せでした。

本当にありがとうございました。


野田 巨樹 (2013年チーム加入)
≪コメント≫
選手生活の5年間は、語り尽くせない思い出がいっぱいです。辛い思いも、嬉しかった思いもいろんなことをここで経験することができ、沢山のことも学ぶことができました。

目標のプレーオフには、出場できませんでしたが、関わってもらった皆さんのおかげでそれ以上に素晴らしいものを、自分の心に残すことができました。心より感謝を申し上げます。

そして、これまで以上に魅力溢れる素晴らしいチームとなっていく事を心から願っております。


鈴木 優太 (2013年チーム加入)

≪コメント≫
今シーズンは怪我の影響もあり、苦しい思いもたくさんしましたが、振り返ってみるとレッドトルネードでハンドボールが出来て良かったという思いが強いです。私をここまで育てて頂き、チーム関係者の皆様、仲間、そして家族に本当に感謝を伝えたいです。

今後は、地元に戻り指導者として、子どもたちにハンドボールの魅力を伝えていけたらと思っています。
私が指導した選手が、レッドトルネードでプレーすることを目標に指導を行っていきます
本当にありがとうございました。

コメントを書く

お名前

コメント

コメント