GAME

RANKING順位
2021年日本リーグ 第4週終了 09/20

日本ハンドボールリーグ 第7戦

愛知県豊田合成記念体育館

トヨタ紡織九州
21
豊田合成
32
LOSE
  1. 11-14
  2. 10-18

合成スローオフで試合開始。出だしは静かな立ち上がり。合成19徳田の手が相手の顔面に当たり退場。そこから紡織が先制し、試合が動き出す。4分、7分に合成はポストを守りきれず退場者を出すがしぶとく守り、離されずついていく。19分合成タイムアウトの後、連続得点で逆転する。一旦追いつかれるが、紡織退場をきっかけに3連取し、3点差で折り返す。
立ち上がり合成10水町のパスカットから速攻で得点。退場者を出すもののしっかり守り連続得点で6点差とする。紡織タイムアウトをとるが、合成はディフェンスが機能し12中村の好セーブ、速攻も出て点差を広げる。紡織はディフェンスを高めに変えるが合成は落ち着いて攻め得点を重ねた。合成は新しい会場の柿落としを勝利で飾った。(日本ハンドボールリーグ公式サイト戦評)